あなたは、コロナで悶々とした日々を過ごしていませんか?

コロナも第一波、第二波、そして、今は第三波と広がってきています。

今回、ご紹介するのは、傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアルです。

 

スポンサーリンク
 

傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアルとは

新型コロナの中でも、怖いのは失業ではなく知らないこと

3月から新型コロナで振り回されて、悩まされてきました。

国も頑張り、定額給付金の家族1人あたり10万円の支給。

 

また、自営業者には「持続化給付金」や「県の事業支援金」などで応援してくれました。

私は自営業ですから、国の政策の「持続化給付金」の100万円と、20万円が支給されました。

それはそれでありがたいのですが、営業が出来た方が利益が上がりますが難しいのが現状です。
 

あなたは、コロナで悶々とした日々を過ごしていませんか?

コロナも第一波、第二波、そして、今は第三波と広がってきています。

 

今回、ご紹介するのは、傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアルです。

世の中は、春先の派遣切りだけでは済まされず、さらなるリストラ&失業ラッシュが続いています。

先の見えない不安感から、企業も生き残るために規模の縮小を続けています。

アルバイトやパートの勤務時間を週20時間以下に減らし、失業保険の企業負担を露骨にコストカットされていることもあります。

 

雇止め、派遣切り、リストラなどは企業が生き抜くために当たり前になっています。

企業も生き抜くのに必死で、そこは労働者のセーフティーネットであるにも関わらず、企業はコスト削減してきます。

この状態は先の見えない現状では、まだまだ止まることはないでしょう。

 

また、目に見える倒産件数だけでなく、老舗の閉店、やむなく休業の店も止まりません。

駅前の好立地でも、今まで人気の繁盛店が閉店していることを目の当たりにしていることと思います。

 

Gotoキャンペーンや、給付金もすべての人を救えるわけではなく、ごく一部だけですが、雀の涙の程度です。

だれもが生き残るために必死になっていますが、一番最初に切り捨てられるのは弱者です。

 
しかし、情報弱者でなければ、最悪の事態は防げるはずです。

このご紹介する情報は、「失業保険の手続き」にも対応していますので、まず、それだけでも今の時代に十分な価値があります。

 

また、この厳しい状況で、精神を病んでしまった場合でも、「傷病手当を受給」できる可能性もあります。

もう一度書きますが、このマニュアルは今こそコロナで悩んでいる人に最適な情報ではないでしょうか?

会社にお勤めであれば、ほぼ全ての方が対象となりますので、どなたにも対応可能な情報だと思います。

宜しければ、ぜひ、ご活用ください。
 

 【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】不労所得で働かずに約1,000万円が手に入る可能性があります!大金をもらいながらゆっくり療養しましょう!(悪用厳禁!!)

 

スポンサーリンク

 

【傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル】で、損しない方法

知らなかったでは済まされない!悩む前に調べる事も大事です!

最近コロナ渦が長引い問いますので、コロナうつなどという言葉を聞くようになりました。

これからも、派遣切り、解雇、リストラは、さらに加速して本格化します。

 

自分は大丈夫と思わないで、万が一のためにも準備が必要です。

企業は生き抜くためには冷たい判断もして、テレワークが長引けばリストラの対象になることは言うまでもありません。

正社員から契約社員、契約社員から派遣、派遣から外部委託と、単価が安く簡単に切れるリソースに切り替わります。

 

あなたも、ここまで新型コロナが長引けば、時短営業やリモートで負担が減ったなどと、楽観的に言ってられないことは認識されていることでしょう。

夏休み、冬休みだというのに旅行には行けず、娯楽施設は自粛、こんな生活が長く続けば、やる気がなくなってしまいます。

 

国は経済の立て直しのための色々なキャンペーンを打ち出していますが、私は、命がけの旅行や食事会は行きたくないです。

すでに始まっていますが、多くの企業でリストラの発表があり、年末に向けて加速することは容易に想像できるかと思います。

そんな状況下で、のんびりと旅行気分になれないのは、私が自営業者だからでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

新型コロナで「鬱病(うつびょう)」が増加している現状とは?

日本ではうつ病患者が100万人、予備軍が500万人とも言われていますが、今回のコロナの影響で、その数がさらに増えることは間違いないでしょう。

こんな状況が続いていますので、様々な不安を抱えた方から、紹介している相手先には、問い合わせを多く頂いているそうです。

 

テレワーク中にうつ病となり、退職勧告を受けたが辞めるべきか?

会社が休ませてくれず、不安で体調を崩した。

 

また、会社が休みとなり、自宅生活が長引き、精神的に追い込まれて、コロナうつなどという症状の出ている人もおります。

 

このような状況でも「傷病手当」や「失業保険」を確実に手にする方法として、自分のケースとして、知っておきたいはずです。

Yahoo知恵袋のような、当たり障りのない知識や答えではなく、専門家に自分のケースを相談されることが最適です。

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】不労所得で働かずに約1,000万円が手に入る可能性があります!大金をもらいながらゆっくり療養しましょう!(悪用厳禁!!)

 

多くの方が、とてつもない不安を抱えています。

会社にお勤めのサラリーマンの方には、補助金や給付金が、ほぼないことも事実です。

間違っても、会社に言われる通りに休み、給料が減らされ、気づいたら、退職せざるを得ない状況になる場合もあるんです。

中小、零細企業に勤務している場合には、退職金も出ないなんていうような、最悪な状況になる前に現状を理解された方が良いかと思います。

今は大丈夫でも、将来が気になる人はご覧になさって下さい。

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】不労所得で働かずに約1,000万円が手に入る可能性があります!大金をもらいながらゆっくり療養しましょう!(悪用厳禁!!)

 

スポンサーリンク