スポンサーリンク

今年は新型コロナウイルスの影響で、世の中が狂っています。

企業、自営業の人、特に旅行業界や飲食業は大打撃を受けています。

経営者が大変な状態ですから、そこに勤務している人やパートさんも悲鳴をあげています。

緊急事態宣言が日常解除されている日数がとても短いという異常な状況が続いています。

相手が新型コロナウイルスですから、政府や自治体に文句を言っても何も変わりません。

そこで、自分の身は自分で守り、身近な人にも注意してあげる必要があります。

それが、傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアルは、その一つなんです。

受給マニュアルを、知っているのと、知らないでは人生が大きく左右する重大な事です。

スポンサーリンク

傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアルとは?

新型コロナウイルスでも、自分の身は自分で守り、人生を後悔しないために!

コロナうつなどという言葉を聞くようになりましたが、派遣切り、解雇、リストラは、これから本格化します。

 

今あなたは大丈夫でも、万が一のためにも準備が必要です。

テレワークが長引けばリストラの対象になることは言うまでもありません。

 

正社員から契約社員、契約社員から派遣、派遣から外部委託と単価が安く簡単に切れるリソースに切り替わります。

ここまで長引けば、時短営業やリモートで負担が減ったなどと楽観的に言ってられないことは認識されていることでしょう。

夏休みだというのに旅行には行けず、娯楽施設は自粛、こんな生活が長く続けば、やる気がなくなってしまいます。

すでに始まっていますが、多くの企業でリストラの発表があり、年末に向けて加速することは容易に想像できるかと思います。

 

日本では新型コロナウイルスの引き金で、うつ病患者が100万人、予備軍が500万人とも言われています。

今回の新型コロナの影響で、その数が増えることは間違いないでしょう。

 

こんな状況が続いていますので、様々な不安を抱えた方から、問い合わせをいただきます。

テレワーク中にうつ病となり、退職勧告を受けたが辞めるべきか?

会社が休ませてくれず、不安で体調を崩した。

 

また、会社が休みとなり、自宅生活が長引き、精神的に追い込まれてコロナうつなどという症状の出ている人もおります。

このような状況でも傷病手当や失業保険を確実に手にする方法を自分のケースとして、知っておきたいはずです。

Yahoo知恵袋のような、いい加減な知識ではなく、専門家に自分のケースを相談されることが最適です。

 

現在、多くの方が新型コロナウイルスの影響で、とてつもない不安を抱えています。

会社にお勤めの方には、補助金や給付金が、ほぼないことも事実です。

間違っても、会社に言われる通りに休み、給料が減らされ1たりすると大きく予定が狂います。

 

また、気づいたら、退職せざるを得ない状況になり、退職金もでないというような最悪な状況になる前に現状を理解された方が良いかと思います。

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】

 

 

明日は我が身。うつ病は他人事では無い!

介護と仕事の疲れで、精神的に苦しんでいる人に!

私は現在高齢になる母親の介護をしています。

そして、介護と仕事の疲れで、精神的に苦しんでいる仕事仲間がいます。

 

その彼女は、仕事も一生懸命、介護も一生懸命と責任感が強く、頑張り屋でした。

ある時から、目に見えて症状が悪くなり、無断で会社を休んだ時にただ事ではないと感じました。

心療内科の受診を進めましたが、「ちょっと疲れただけ、私には関係ない」と全力で拒否されました。

何とか説得し、病院に連れて行った所、案の定、うつ病と診断されました。

 

私は、野村さんのことを知り、相談したところ、休職や障害者手帳の取得方法をアドバイスされました。

病症手当や失業保険など自分には関係無いものと思っていました。

まして、障害者手帳は、車椅子や盲目でなければ、まったく別世界の話だと思っていました。

 

しかし、このような【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】制度があること、

それが、合法的な救済方法として、存在していること

4年間という長い期間を1000万円というお金で療養できる制度があるということ

これは驚くばかりでした。

 

彼女も手続きを行い、現在は休職しております。

何と言っても金銭的な不安を持つことなく、4年もの間、ゆっくり療養できることに安心しています。

野村さんのノウハウが書かれたこちらのマニュアルは、彼女のような人を救うことができる内容です。

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】

 

自分には関係ないなどと思わずに苦しい毎日を我慢しているなら、読んでみることをお薦めします。

 

 

新型コロナウイルスの欝(うつ)で、自殺する人の苦悩

解決できるので、一人で悩まないで下さい!

多くの人が休み明けの月曜日は、仕事に行きたく無いなどと思うものです。

実際に会社や学校を休むことはなく、仕方がないと家を出発することでしょう。

 

しかし、もっとも自殺が多いのは、長期休暇の終わりです。

日本では新型コロナウイルスによるうつ病患者が100万人、予備軍が500万人とも言われています。

この予備軍の方には相談できる相手もおりませんし、家族にも相談することができないかもしれません。

それが余計に病気を悪化させているとも言えます。

 

私の知人は「障害者職業生活相談員」の資格を保有しており、相談等もお受けすることが出来ます。

このマニュアルに書かれている内容であれば、制度自体のご質問でも構いませんし、職業生活についてのご質問でも構いません。

 

相談できる相手を見つけることは正常な生活には必要不可欠です。

この相談できる相手をいるか、いないかは、人生において大きな違いではないでしょうか?

 

予備軍は500万人と冒頭でご紹介しましたが、ブラック企業、セクハラ、パワハラなど、潜在的には、その数倍の人が苦しんでいると思います。

そこに相談できる相手がいない、逃げ道が無いと思ってしまうと大変苦しい人生になってしまいます。

このようなお話をすると自分には関係無いと思われるかもしれません。

少し本題からずれますが、いじめ、セクハラ、パワハラから身を守るパワーストーンがあります。

良ければ下記からご覧くださいね!

職場でいじめや嫌がらせやパワーハラスメントに効くパワーストーン

 

本題に戻りますが、

 
しかし、あなたの隣の席の人は大丈夫でしょうか?

あなたの家族は大丈夫でしょうか?

本当にあなたは大丈夫と言えるのでしょうか?

 
こんな時に相談できる相手がいるだけで、気分は大きく違います。

また、苦しいときの対処方法を知っておくことも、安心できる要因の一つになると思います。

ひとつの安心材料として、下記のマニュアルをご覧になってはいかがでしょうか?

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】

 

スポンサーリンク