副業するには、周りの環境が重要ですから、まずはお部屋の空気を快適に!

長引く新型コロナウイルス感染予防のために、外出を控えている人が増えています。

そのような人が、確実に副業で稼げる情報を「冒頭」でご紹介しています。

また、会社に行かないで自宅でリモートで過ごす時間が長くなっています。

最近では、居住空間の匂いや空気の質に関心を持つ人が増えているそうですね。

今需要が高まっている空気清浄機を選び、購入する際の6つの主なポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
 

空気清浄機の選び方と間違えないためのポイント

空気清浄機の選び方で、ここがポイント!

本文の前に、このサイトは副業でインターネットで確実に稼げる情報をお知らせしています。

せっかくご縁でご訪問いただいたのに、何にも稼げる情報のお土産がないのは申し訳ないです。

 
そこで・・

私が今まで多くの情報商材を購入しても稼げなかったのですが、下記にご紹介する無料メルマガで稼げるようになりました。

あなたも、今や将来の収入面で不安があれば、下記を参考になさってくださいね♪

手抜きを極め尽くした横着のプロが赤裸々実践記をタダでプレゼントしてくれるよ!キーワード公開もしてるし、アドセンスで伸び悩んでるなら絶対登録しておくべき♪

【アフィリ代行PJ】サボることだけを徹底的に極めてしまった!究極の放置ビジネスメルマガ

 

ここから本題に戻ります。

空気清浄機の主な役割をご存知でしょうか?

主な役割としては、空気中に浮遊している「塵(ちり)」や「ほこり」、いや~な「花粉」などを集める事です。

それらを吸い取る「集塵(しゅうじん)」・「浄化」・「生活臭」・「ペット臭」を軽減するための消臭や脱臭の効果を期待します。

最近では空気清浄機の性能も良くなり、加湿や除菌のできる多機能タイプが発売されて、とても人気があります。

温度と湿度を外気温度とバランスを取りながら理想の環境に近づける事で、健康的で快適な生活を体感できるのではないでしょうか。

 
理想の環境とは、温度は17~28℃、湿度は40~70%です。

お部屋の湿度が40%以下になると「インフルエンザウイルス注意エリア」になり、70%以上では「カビ発生注意エリア」になります。

空気清浄機の主な機能とは

知っているようで解からないのは、空気清浄機の主な機能や役割ではないでしょうか?

空気清浄機の主な機能は、「集塵(しゅうじん)」・「消臭と脱臭」・「加湿」・「除湿」になります。

空気清浄機を快適に使う時のお部屋の広さ

お部屋の広さの目安とは?

空気清浄機の製品を選ぶ時には、その製品が「何畳向け?」のものなのか確認が重要になります。

実際に使用する部屋よりも広い面積でも性能が落ちなくて対応できる機種がおススメします。

 
空気清浄機を使う時のお部屋の広さは、「お部屋の面積の3倍が目安です!

 
部屋でペットを飼っていますと自分では気が付かなくても、外からのお友達などがあると敏感な人はペット臭を感じます。

このように臭いの元になるものが常に在住していたり、密閉空間でない場合などで、現実は実際に使用する場面は違います。

 
メーカーでは、空気清浄機のお部屋の広さは試験的に考慮していますが、実際に使用する場面は規定条件よりも違う場合が多いです。

絶えずお部屋の空気を綺麗に保つには、「清浄力」も大事なポイントになります。

どのようなフィルターを使い、どのような清浄をする空気清浄機なのか、どのような目的で使用するかにより機種選びが違ってきます。

清浄方式は、販売しているメーカーにより違いますから、価格、性能などは比較して購入してください!

 
私の購入時の話ですが・・・

あまり高価のも買えないし、かと言え、あまり安いのも性能が気になるなどの購入時の予算は勿論ですが、一番は機能重視です。

どのような製品を買えばよいか分からなくて、楽天で検索していたら「空気清浄機部門で1位」のを見つけました。

シャープ(SHARP)ですが、「ペットの匂い対策」にも良いみたいなので決定!!

ちなみに、我が家では下記の機種を使用していますが、快適ですよ♪
 

 

スポンサーリンク

 

空気清浄機を長持ちさせるポイントとは?

空気清浄機は便利ですが、定期的に掃除をしないと、機能低下や故障を引き起こして製品寿命が短くなる場合もあります。

車の場合は新車で3年目に車検、それ以後は2年ごとに法定点検の義務がありますが、空気清浄機の場合はありません。

一般的には、本体の表面にプレフィルターと呼ばれるものがあり、比較的に大きな繊維やほこりなどを取り除きます。

週に1回ほど、お部屋の掃除のついでに、掃除機で吸引して本体表面をきれいに保つと気持ちが良く長持ちにもなります。

空気清浄機のフィルター交換のタイミングとは?

空気清浄機の本体の中には「脱臭フィルター」や「集塵(しゅうじん)フィルター」など、製品ごとに異なるフィルターが付いています。

単純な機種よりも、さまざまな機能が付いている製品の方が複雑な傾向にあり、取り扱いも面倒になります。

一日中運転していると電気代などのランニングコストは気になるところですが、最近の空気清浄機の性能は良く、消費電力は小さくなっています。

 
ペットを飼っている人は、部屋の空気を完全にクリーンな状態に保つには時間がかかるので、出来れば人がいない場合にも常時、稼働さておくと良いでしょう。

 
フイルターの交換する時期は、毎日稼働している場合には「短いもので半年」、「長いもので10年」と、かなり機種により違いと差があります。

フィルターの交換頻度が長い機種ほど交換部品の費用は高いですが、メリットはメンテナンスは少なくなります。
 

空気清浄機を選ぶ場合には、費用と手間のどちらを優先して購入するかは説明書をよく読んで、選択する事が必要になります。

空気清浄機の設置場所のポイントとは?

一体どの部屋に空気清浄機を置くと、一番効率的なのでしょうか?

私は副業で使用しているお部屋に置いていますが、ここでは、設置場所ごとのポイントもご紹介いたします。

 
最初に置く場所の候補は「居間」や「リビング」ですが、もっとも人が頻繁に出入りして、清浄スペースも家の中で一番広い空間です。

家族や来客者が、外から洋服に「ほこり」や「花粉」、「有機物質」などを知らない内に持ち込んできます。

あなたのライフスタイルに合う、広さに応じた高性能フィルターの製品を選ぶと良いと思います。

 
次に「寝室」ですが、寝室は音が静かな「清音タイプ」のものが最適で、「子供部屋」は、活動が活発なので「消臭機能」があるものが向いています。

我が家では「玄関」にも置いていますが、玄関は外に一番通じるスペースなので、ここに空気清浄機を置くと効率的です。

ここに設置すると、外部からの「ほこり」や「花粉」、「ウィールス」などの侵入をかなり防ぎ、家の中に持ち込まれません。

小型の空気清浄機で十分ですから、1台設置すると快適な生活を送れるのでおススメです。

 
家電店やネット通販では、国内外のメーカーからさまざまなタイプの製品が販売されていて迷いますが、何の目的で購入するかを明確にして選ぶことです。

より健康的で快適な日常を過ごすにも空気清浄機は必需品ですから、あなたの生活に合う機種をお選びください!

 

スポンサーリンク

 

空気清浄機を購入する時の6つの主なポイント!

この6つの選択を間違えなければ空気清浄機の選び方はOK!

①:付加機能

②:床面積(適用畳の枚数)

③:清浄力(方式、フィルター)

④:掃除(手入れのしやすさなど)

⑤:ランニングコスト(運転時の電気代)

⑥:機種の大きさと設置場所とのバランス

 

別のサイトで、「宝石種類」や「パワーストーンの効果」・「誕生石」・「結婚記念日の宝石」・「断捨離」のブログを書いています。

興味があれば遊びにお立ち寄りくださいね!

 

宝石ルビーは7月誕生石

 

スポンサーリンク